5月 ウスギヨウラク 於:花脊

京都花脊セミナーハウス
  樹齢300年の杉 
於:花脊 薬草の森公園

焦らず、あきらめず、黙々と歩みつづける

花鳥風月を愛でてきた民族にLifestyles Of Health And
Sustainability(LOHAS,ロハス 健康と持続可能な発展のある生活スタイル)と環境保全を考えて、環境と合成の医薬品にのみ依存しない健康造りを考慮した街づくりの思想も取り入れ、地域の生活の質を高めることにも貢献できる活動を考えています。

糠岳(標高615.6m)を中心とした“京都薬草
の森公園”造りの作業が進んでいます。渓流の
美化と土に保水力を持たせ、且公園内の遊歩道
を快適に巡回・観察できるために、流木・枝葉
などを粉砕、堆肥化し、会員の皆様の力で2ト
ン車5台余り分が散布され、遊歩道の一部がフ
カフカで歩きやすくなってきています。市民公
開講座で参加された方々から好評な背景に会員
の皆様の日頃の活動があります。一方、整備に
参加された会員の皆様は豊かな自然の中で汗を
流し、体を動かし、気分転換、達成感、満足感
など精神的効果も計り知れません。自然の保全
を通し、自然と共生し、地域の人々とのコミュ
ニケーションから得られる地域の活性化も今後
期待されます。

より深く漢方療法や自然療法を考えるとき、日頃食べている食事内容は“食養生”として重要です。農薬や化学肥料を多用した野菜をいくら毎日食べていても、長期間のことで健康造りに心配がないとはいえません。化学的合成品にのみ依存しないで有用植物を自然の摂理を知って野菜や果樹、草木などを育てるという循環が大切と考えています。
植物や自然を媒体として、机上で考えるだけではなく実践することによる身体機能や生理的効果の活性化が考えられます。

高齢者と子供との交流の場を造ったり、地元への振興となる特産物が育成されることも視野にいれた活動を考えています。

毎月、西洋医学的視点から健康を損なう種々の原因とその対応法について自然療法のセミナーを開催しています。机上での知識だけでは健康造りは出来ません。
実践することによる前向きの姿勢が大切と考えます。

自然と接する健康造りと環境保全 ー


 


 認定特定非営利活動法人
 天然薬用資源開発機構